FC2ブログ

プロフィール

理数館ユニーク教務主任

Author:理数館ユニーク教務主任
ブログ更新中!!
平成24年から坂出高校・香川高専・善通寺第一高校、城西高校・飯山高校・琴平高校・高松工芸高校・英語検定試験・高卒認定試験合格成功事例掲載中!(ずっと下のカテゴリーからご覧ください!

オフィシャルHP http://risu-kan.com/ をぜひとも御覧ください。

丸亀 学習塾 理数館は、

①地域社会に役立つ学習塾

②尊敬され、頼られる学習塾

③もっと、もっと教育性を追及する学習塾

を目指していきます。どうぞよろしくお願いします。

丸亀 学習塾 理数館講師は、次の6項目を心がけて指導をしています!

1.常に生徒のことを考えて、生徒の成績を上げることに徹する。

2.予習復習をしっかり行い授業の組み立てを考え効率のよい授業を考える。

3.生徒に知識を詰め込むのではなく生徒にその教科を好きになってもらえるように努める。

4.生徒の良いところを引き出して褒めることにより自信をもたせる。

5.保護者・生徒とのコミュニケーションを大切にし、密に連絡を取り合います。

6.明るく楽しい雰囲気を創りだせる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◎学習指導ブログはhttp://risu-kan.com/blog/index.html に移行しました。ぜひとも御覧ください!

執筆者 「理数館」ユニーク教務主任

【平成23年3月より理数館教務課が管理・執筆致しております。】

①資格 

Ⅰ.語学編

英検1級  通訳案内士(英語)

*『英語を話せるようになりたい!』方のために、『江ノ島方式』と呼ばれる夢の英語教育法を独自に開発中!!(近日公開予定)

*『鵠沼方式』・『菅沼方式』・『藤沢方式』も同時研究中!

Ⅱ.自動車編

大型ニ種免許取得
(50人乗りスクールバスOK)

中型ニ種免許取得
(33人乗り学習塾バスOK)

普通ニ種免許取得
(11人乗り生徒送迎ミニバンOK)

大型自動二輪(大型バイク)
(Door to Door 家庭教師OK)

~ピザの宅配より早い家庭教師目指します!~

Ⅲ.船舶編(特定免許)*業務用

1級小型船舶操縦士
特殊小型船舶操縦士

(離島へ出張授業も理論的にはOK!)

Ⅳ.ダイビング編

ADVANCED OPEN WATER DIVER
~30MまでダイブOK~
( PADI )


②趣味 

1.スポーツ

水泳 ジム通い テニス 陸上 卓球 サッカー

2.文化、教養

ⅰ) 国内で外国人相手に英語でガイドをすること。世界遺産が大好きで、日本の自然遺産・日本の城、古代遺跡、水中遺跡も興味あり。

☆平成25年度より、通訳案内士奮闘記(香川の歴史観光開発)IⅡ掲載中!ずっと下のカテゴリーからご覧ください。

ⅱ) スペイン語、フランス語にも挑戦

3.音楽 

好きな音楽家

Elvis Presley(エルビス・プレスリー)

おススメの曲

1.Love me Tender 2.Jailhouse Rock
3.Bridge Over Troubled Water
4.Always On My Mind
5.I'll Remember You 6.My Way
7. Can't Help Falling in Love


4.機械系

機械好き(自動車、船舶、農機具などエンジンが付いているものならなんでも) パソコン OA機器

③性格 

行動派 情熱派 ネアカ 前向き 熱心 ユニーク 勉強熱心(英語以外の言語から政治・経済・文化・芸術まで) とにかく教える事が大好き(塾生から教員、保護者、当塾講師まで)


④今挑戦したいこと。

(1)生徒の成績を上げることを極めて、ギネスブックに載ってみたい!

(2)野球の天才『イチロー』選手の研究。 テーマ:その技術の応用とは

(3)本気で各種専門学校を創りたい!

(4)行ってみたい所は、天竺(ヒマラヤ)・ガンダーラ・ELDOLADO!迷い込んてみたい所は、The house of wax

⑤資格取得のエピソード   

(英語編)

資格:通訳案内士(英語) 英検1級

幼いころから自分の趣味を生かした仕事がしたいと思って好きな英語をがんばりました。

もちろん、洋画や洋楽が好きだったというのが大きいです。学校の英語の勉強は、とても、とても、好きになれませんでした。絶対に嫌だったのです。

それでも、英語ができるようになりました。そういう意味では、私は希望です。『皆さん、英語はできる』ということです。がんばりましょう!

(大型バス編)

通訳案内士の仕事で三宮に行ったときのことでした。神戸にあるさまざまな私立大学が、学生のために専用の大型バスを待機させているのを見てびっくりしました。

熱心な教育・指導を広げていきたい我々は、いずれこのようなバスが必要になるのではないかと真剣に思い、免許取得を致しました。

(大型バイク編)

通訳案内士の仕事で高知県の自動車博物館へ外国人を案内した時のことでした。なんと、そこには、値段のつけられない高価なクラシックカーが何十台もありました。

それに、国産や外国産の古いバイクの展示もされていたのです。外国人は、日本製のバイクが世界市場をほぼ独占していると様々な質問をしました。

しかし、バイクに興味がなく免許さえない私は答えようがなかったことを悔しく思いました。

かつて、バイク好きの高校生の指導をしていましたが、バイクの話で夢を膨らませてあげれば、もっと勉強の方に打ち込んでもらえたかもしれないという熱い指導に対する思いもありました。

そこで、今回免許取得をして何か指導や仕事に役に立てばと思った次第であります。

(船舶編)

小豆島の方から家庭教師に来てもらいたいというお話がきっかけでした。高松からの定期便は出ていたのですが、ご家庭が漁師様であり小豆島の乗り場から船で移動してお伺いしなければなりませんでした。当時の責任者が、船をもっている社会人で趣味を兼ねて島へ行ける方はいないかとおしゃっていました。しかし、マリンスポーツと家庭教師の相関関係はなく該当者がいませんでした。結局、学生が家庭教師として派遣されました。そこで、せっかくそういうお話があれば検討してみようと免許取得しました。

⑥教育への想い

(1)当塾の緊急課題!

当塾では、諸外国と比較して学生の基礎学力が低下していることを受けて真剣に学生の基礎学力向上に努めています。

教育が国の将来を左右するのは間違えありません。従来の画一的な人間を創りだす教育から、ひとり、ひとりを大切にする教育を個人指導を通じて実践したいと考えています。

我々は、義務教育では出来ない教育を新たに見つけ出し、工夫していくことを常に心がけています!

(2)理数館式 合格や成功をするための哲学!

①自分の行きたい学校を決める!

⇒(そのために努力して種をまく)

②勉強やスポーツに励むと、志望校に合格できるチャンスは向こうからやってくることがある。

⇒(そのチャンスを活かし勉強やスポーツに励む)

③さらに、努力して合格に向けて、種をまき続ける。

⇒(意外と、道とは、自分の後ろにできるものだ。決して道は、前もって用意されているものではない。)

⑦こんな生徒になってほしい。

成功するかどうかを、自らの能力のせいにするのではなく、どのような選択をすべきなのかを自らに問えるそんな生徒になってほしい。『その人の人生を左右するのは、決してその能力ではない!』『大切なことは、その人がどのような選択をするのかだ!』

⑧こんな大人になってほしい。

人が、大人になっていき、その叡智の中に、幼い心を見いだされるようなそんな人がいいですね。

⑨こんな講師になりたい

理数館は知っています!! 『違いのわかる、この学習の質と量!』『違いの分かる学習塾講師!』そして『理数館には相談できる講師がいる!』

⑩ビジョン

夢を追い求めること。最後に勝ちましょう!
何事においても、「欲しがりません!勝つまでは。」


⑪好きな言葉(抜粋)

『できるかどうかではない。やろうと決めたんなら最後までやり遂げる!』

『受け継がれる遺志、時代のうねり、人の夢、これらは止めることのできないものだ!』

『人々が自由の答えを求める限りそれらは、決してとどまることが無い』

⑫学生諸君に一言!

得意教科を2倍伸ばしても、苦手教科が1教科あれば同じだ!

勝利するためには!

『得意教科を3倍伸ばせ!』 『それで、調度いいのだ!』

⑬明日の教育を創出する学習塾 丸亀 理数館(英語教育編)

 小学生・中学生・高校生・卒業生の英語学習能力向上のために努力をしています。日本では、義務教育から高等教育を通じて英語を何年間学んでも、英語を読んだり、書いたり、話したりできるようにならなかったのですが、カナダへの留学をきっかけにして英語でネイティブとコミュニケーションを図れるようになりました。それは、私にとってカナダの英語が意思疎通をする上で非常に分かりやすい英語であったからです。カナダではイマージョン教育というものが進んでいて、私はそういった英語教育を知らないうちに受けていたのではないかと思いました。そこで、カナダで受けた英語教育をベースにすれば、もっと簡単に英語の学習能力が向上するのではないかということを考え、英語講師を目指しました。それは、英語教員ではなく英語講師という職人としてどこまでがんばれるかを試してみたい想いでした。自分の英語スキル向上のために、平成12年に英検1級を、平成20年に通訳案内士(英語)の資格を取得しました。ほどなく、外国人相手の観光ガイド(英語)も始めました。しかし、自分がスキルアップしても、魔法のように、右肩上がりで生徒の成績は向上しません。さらに、生徒の英語力を向上させるためには、欧米の文化、芸術、音楽、スポーツも含めて教授しないと、なかなか英語に興味を持ってもらえないのかという疑問も生まれました。つまり、それらを理解すると学習に良い影響があるのではないかとも考え始めたのです。英語講師として生徒の学習を見る中で、自分の英語力のスキルアップと生徒の英語能力を向上させることに対する相関関係は確かにあります。しかし、『自分が学ぶという能力』と『生徒にものを教えるという能力』がまったく異質のものであることに気付きました。同時に、英語の力をUPするには、生徒の国語力のUPも必要であると強く感じています。そこで、常に生徒の視点に立ち、どこまで生徒が理解しているのかを確認しながら教えるようにしております。例えば、生徒の学習能力が今どのレベルなのかを毎回の授業で常に把握できるような英語能力カルテを作成し、理解していないところは、その学年まで遡り指導をしていくことなどの取り組みを始めています。今後は、より効率良く生徒の英語能力を向上させる方法を確立するためにも様々な手法を考え研究し英語学習能力向上を創出していきます。

????????????????????

★理数館 講師募集★ 20代~30代の若い方歓迎!

私たちの新しい仲間になりませんか?

国内・海外を問わず古代遺跡、歴史的な建造物などに興味のある方を大募集しています。

理数館で英語・社会・国語・数学・理科の講師をしながら古代のロマンを探りませんか?

時代は、まさに「讃岐うどん」から古代の浪漫(ロマン)・古(いにしえ)の「讃岐国府」へ!

☆ロビンさん(文科系)・ナミさん(理科系)のような素敵な方もOK!

理数館 教務課まで:詳細はずっと下のカテゴリーから当塾採用情報!をご覧ください。カテゴリーから削除するまで募集継続中です!!

????????????????????



今までの閲覧者数


現在の閲覧者数:


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

定期試験対策のご案内です!基礎を定着させる事を頑張っています!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

まもなく定期試験がやってこようとしています。中学生は6月の後半、高校生は7月のはじめ頃の予定の学校が多いようです。

当塾では、丸亀・坂出・仲多度・綾歌郡の中学生・高校生対象に個別に定期試験対策・成績UP相談を行っております。

最近、多いご相談は、出遅れないようにと早めに部活動と両立しながら1教科でも学習させようという想いの保護者様からご相談です。

中学生を指導していて思うのが、試験前に、塾の学習に加え、家庭学習を少し増やし基礎を定着すればもっと良い結果が出ると思っています。

基礎を定着させるってどんなことかわかりますか?何をしたらよいのか戸惑う生徒も多いでしょう。

たとえば、数学だったら、計算問題ではミスがでないように計算の練習を自分なりにすることです。英語は、単語のスペルや単語の意味を書けるようにすることから始めましょう。他の教科も、覚えれば点数になりそうな事を見つけていきましょう。

当塾では、生徒から進んで学習に取り組んでもらえるように指導を行っています。そして、成績をUPしていってもらえるように努めていきたいと考えております。厳しい指導は行いますが、長時間勉強漬けという指導は行いません。

高校生(高専)に関しては、中学とは勉強方法が全く異なります。学校から出た課題の取り組み方や勉強方法。そして、部活動の両立に向けての時間配分が難しいものです。

実際に勉強方法が良く分からなくなったと思われる方はぜひとも相談に来ていただければと思います。

6月~7月は、小学生1名・中学生2名・高校生2名のみの募集とさせていただきます。密度の濃い個人指導を目指しておりますのでクラスの人数を一定とさせていただいております。

また、ご相談には教室責任者が個室で対応させていただいておりますので一度にたくさんのご相談を受けることはできません。塾生は随時個別相談を実施しています。

何卒、生徒の成績を上げたいがゆえに受講生を限定させていただいていることを御理解いただければと思います。

理数館 教務課


ポチッと一押しお願いします。
更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

理数館ホームページもご覧いただけたら幸いです。

スポンサーサイト



高校生の指導で頑張っている事は、「なぜ高校英語が難しく感じるのか」を克服することです。

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

なぜ高校英語が難しいか (難しく感じるのか)

高校生に入ると、英語が大きな壁になることがあります。中学校から勉強して来た英語が、なぜそこまで大きな壁となってしまうのでしょうか。

理由の1つに授業の複雑化が考えられます。例えば、社会科が日本史や世界史に、理科が科学や物理に分かれるのと同様です。

英語もまた、“主に長文読解に重きを置く授業”、“文法項目理解を専門とした授業”さらには“会話に主点を置いた授業”などに細分化されていきます。(各授業の呼び名は学校によってそれぞれです。)

中学校では、それほど長くない文章を読み、新出文法を学び、新出単語を覚えていくことで授業が進んでいきました。

しかし高校では、英語A(仮)の授業では長文をどんどん読み進めて行き、また英語Bの授業では複雑な文法事項を延々学んでいくといった授業形態が繰り返されていきますので、英語が苦手又は嫌いな人にとっては、もはや苦痛の時間となってしまうのです。

ましてや、最近、高校から出されている課題の量も増えてきています!

ですから、高校英語が難しいというよりも、中学校時代に比べて、こなさなければならない事項が突然に、そして格段に増えるので、“難しい”と感じてしまうのでしょう。

また、厳しい受験期を乗り切った直後なので、気持ちの面でだれてしまっているという点も挙げられます。“高校1年のうちは・・・”“大学入試は先だ・・・”と考えてしまい、なかなか学習に気持ちが向かないのも当たり前のことかもしれません。

しかし、毎回の定期試験や校外模試で結果を残すことや3年後の大学入試のことを考えるなら、入学直後から気合を入れて英語学習に取り組むことはとても重要な事です。

当塾では、高校生の生徒の皆さんの学習を軌道にのせるお手伝いをしています。効率的な勉強法を学んで、部活動と両立をしていきましょう。そして、充実した高校生活を送りましょう!

理数館 教務課

ポチッと一押しお願いします。
更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

理数館ホームページもご覧いただけたら幸いです。

| ホーム |


 BLOG TOP