FC2ブログ

プロフィール

理数館ユニーク教務主任

Author:理数館ユニーク教務主任
ブログ更新中!!
平成24年から坂出高校・香川高専・善通寺第一高校、城西高校・飯山高校・琴平高校・高松工芸高校・英語検定試験・高卒認定試験合格成功事例掲載中!(ずっと下のカテゴリーからご覧ください!

オフィシャルHP http://risu-kan.com/ をぜひとも御覧ください。

丸亀 学習塾 理数館は、

①地域社会に役立つ学習塾

②尊敬され、頼られる学習塾

③もっと、もっと教育性を追及する学習塾

を目指していきます。どうぞよろしくお願いします。

丸亀 学習塾 理数館講師は、次の6項目を心がけて指導をしています!

1.常に生徒のことを考えて、生徒の成績を上げることに徹する。

2.予習復習をしっかり行い授業の組み立てを考え効率のよい授業を考える。

3.生徒に知識を詰め込むのではなく生徒にその教科を好きになってもらえるように努める。

4.生徒の良いところを引き出して褒めることにより自信をもたせる。

5.保護者・生徒とのコミュニケーションを大切にし、密に連絡を取り合います。

6.明るく楽しい雰囲気を創りだせる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◎学習指導ブログはhttp://risu-kan.com/blog/index.html に移行しました。ぜひとも御覧ください!

執筆者 「理数館」ユニーク教務主任

【平成23年3月より理数館教務課が管理・執筆致しております。】

①資格 

Ⅰ.語学編

英検1級  通訳案内士(英語)

*『英語を話せるようになりたい!』方のために、『江ノ島方式』と呼ばれる夢の英語教育法を独自に開発中!!(近日公開予定)

*『鵠沼方式』・『菅沼方式』・『藤沢方式』も同時研究中!

Ⅱ.自動車編

大型ニ種免許取得
(50人乗りスクールバスOK)

中型ニ種免許取得
(33人乗り学習塾バスOK)

普通ニ種免許取得
(11人乗り生徒送迎ミニバンOK)

大型自動二輪(大型バイク)
(Door to Door 家庭教師OK)

~ピザの宅配より早い家庭教師目指します!~

Ⅲ.船舶編(特定免許)*業務用

1級小型船舶操縦士
特殊小型船舶操縦士

(離島へ出張授業も理論的にはOK!)

Ⅳ.ダイビング編

ADVANCED OPEN WATER DIVER
~30MまでダイブOK~
( PADI )


②趣味 

1.スポーツ

水泳 ジム通い テニス 陸上 卓球 サッカー

2.文化、教養

ⅰ) 国内で外国人相手に英語でガイドをすること。世界遺産が大好きで、日本の自然遺産・日本の城、古代遺跡、水中遺跡も興味あり。

☆平成25年度より、通訳案内士奮闘記(香川の歴史観光開発)IⅡ掲載中!ずっと下のカテゴリーからご覧ください。

ⅱ) スペイン語、フランス語にも挑戦

3.音楽 

好きな音楽家

Elvis Presley(エルビス・プレスリー)

おススメの曲

1.Love me Tender 2.Jailhouse Rock
3.Bridge Over Troubled Water
4.Always On My Mind
5.I'll Remember You 6.My Way
7. Can't Help Falling in Love


4.機械系

機械好き(自動車、船舶、農機具などエンジンが付いているものならなんでも) パソコン OA機器

③性格 

行動派 情熱派 ネアカ 前向き 熱心 ユニーク 勉強熱心(英語以外の言語から政治・経済・文化・芸術まで) とにかく教える事が大好き(塾生から教員、保護者、当塾講師まで)


④今挑戦したいこと。

(1)生徒の成績を上げることを極めて、ギネスブックに載ってみたい!

(2)野球の天才『イチロー』選手の研究。 テーマ:その技術の応用とは

(3)本気で各種専門学校を創りたい!

(4)行ってみたい所は、天竺(ヒマラヤ)・ガンダーラ・ELDOLADO!迷い込んてみたい所は、The house of wax

⑤資格取得のエピソード   

(英語編)

資格:通訳案内士(英語) 英検1級

幼いころから自分の趣味を生かした仕事がしたいと思って好きな英語をがんばりました。

もちろん、洋画や洋楽が好きだったというのが大きいです。学校の英語の勉強は、とても、とても、好きになれませんでした。絶対に嫌だったのです。

それでも、英語ができるようになりました。そういう意味では、私は希望です。『皆さん、英語はできる』ということです。がんばりましょう!

(大型バス編)

通訳案内士の仕事で三宮に行ったときのことでした。神戸にあるさまざまな私立大学が、学生のために専用の大型バスを待機させているのを見てびっくりしました。

熱心な教育・指導を広げていきたい我々は、いずれこのようなバスが必要になるのではないかと真剣に思い、免許取得を致しました。

(大型バイク編)

通訳案内士の仕事で高知県の自動車博物館へ外国人を案内した時のことでした。なんと、そこには、値段のつけられない高価なクラシックカーが何十台もありました。

それに、国産や外国産の古いバイクの展示もされていたのです。外国人は、日本製のバイクが世界市場をほぼ独占していると様々な質問をしました。

しかし、バイクに興味がなく免許さえない私は答えようがなかったことを悔しく思いました。

かつて、バイク好きの高校生の指導をしていましたが、バイクの話で夢を膨らませてあげれば、もっと勉強の方に打ち込んでもらえたかもしれないという熱い指導に対する思いもありました。

そこで、今回免許取得をして何か指導や仕事に役に立てばと思った次第であります。

(船舶編)

小豆島の方から家庭教師に来てもらいたいというお話がきっかけでした。高松からの定期便は出ていたのですが、ご家庭が漁師様であり小豆島の乗り場から船で移動してお伺いしなければなりませんでした。当時の責任者が、船をもっている社会人で趣味を兼ねて島へ行ける方はいないかとおしゃっていました。しかし、マリンスポーツと家庭教師の相関関係はなく該当者がいませんでした。結局、学生が家庭教師として派遣されました。そこで、せっかくそういうお話があれば検討してみようと免許取得しました。

⑥教育への想い

(1)当塾の緊急課題!

当塾では、諸外国と比較して学生の基礎学力が低下していることを受けて真剣に学生の基礎学力向上に努めています。

教育が国の将来を左右するのは間違えありません。従来の画一的な人間を創りだす教育から、ひとり、ひとりを大切にする教育を個人指導を通じて実践したいと考えています。

我々は、義務教育では出来ない教育を新たに見つけ出し、工夫していくことを常に心がけています!

(2)理数館式 合格や成功をするための哲学!

①自分の行きたい学校を決める!

⇒(そのために努力して種をまく)

②勉強やスポーツに励むと、志望校に合格できるチャンスは向こうからやってくることがある。

⇒(そのチャンスを活かし勉強やスポーツに励む)

③さらに、努力して合格に向けて、種をまき続ける。

⇒(意外と、道とは、自分の後ろにできるものだ。決して道は、前もって用意されているものではない。)

⑦こんな生徒になってほしい。

成功するかどうかを、自らの能力のせいにするのではなく、どのような選択をすべきなのかを自らに問えるそんな生徒になってほしい。『その人の人生を左右するのは、決してその能力ではない!』『大切なことは、その人がどのような選択をするのかだ!』

⑧こんな大人になってほしい。

人が、大人になっていき、その叡智の中に、幼い心を見いだされるようなそんな人がいいですね。

⑨こんな講師になりたい

理数館は知っています!! 『違いのわかる、この学習の質と量!』『違いの分かる学習塾講師!』そして『理数館には相談できる講師がいる!』

⑩ビジョン

夢を追い求めること。最後に勝ちましょう!
何事においても、「欲しがりません!勝つまでは。」


⑪好きな言葉(抜粋)

『できるかどうかではない。やろうと決めたんなら最後までやり遂げる!』

『受け継がれる遺志、時代のうねり、人の夢、これらは止めることのできないものだ!』

『人々が自由の答えを求める限りそれらは、決してとどまることが無い』

⑫学生諸君に一言!

得意教科を2倍伸ばしても、苦手教科が1教科あれば同じだ!

勝利するためには!

『得意教科を3倍伸ばせ!』 『それで、調度いいのだ!』

⑬明日の教育を創出する学習塾 丸亀 理数館(英語教育編)

 小学生・中学生・高校生・卒業生の英語学習能力向上のために努力をしています。日本では、義務教育から高等教育を通じて英語を何年間学んでも、英語を読んだり、書いたり、話したりできるようにならなかったのですが、カナダへの留学をきっかけにして英語でネイティブとコミュニケーションを図れるようになりました。それは、私にとってカナダの英語が意思疎通をする上で非常に分かりやすい英語であったからです。カナダではイマージョン教育というものが進んでいて、私はそういった英語教育を知らないうちに受けていたのではないかと思いました。そこで、カナダで受けた英語教育をベースにすれば、もっと簡単に英語の学習能力が向上するのではないかということを考え、英語講師を目指しました。それは、英語教員ではなく英語講師という職人としてどこまでがんばれるかを試してみたい想いでした。自分の英語スキル向上のために、平成12年に英検1級を、平成20年に通訳案内士(英語)の資格を取得しました。ほどなく、外国人相手の観光ガイド(英語)も始めました。しかし、自分がスキルアップしても、魔法のように、右肩上がりで生徒の成績は向上しません。さらに、生徒の英語力を向上させるためには、欧米の文化、芸術、音楽、スポーツも含めて教授しないと、なかなか英語に興味を持ってもらえないのかという疑問も生まれました。つまり、それらを理解すると学習に良い影響があるのではないかとも考え始めたのです。英語講師として生徒の学習を見る中で、自分の英語力のスキルアップと生徒の英語能力を向上させることに対する相関関係は確かにあります。しかし、『自分が学ぶという能力』と『生徒にものを教えるという能力』がまったく異質のものであることに気付きました。同時に、英語の力をUPするには、生徒の国語力のUPも必要であると強く感じています。そこで、常に生徒の視点に立ち、どこまで生徒が理解しているのかを確認しながら教えるようにしております。例えば、生徒の学習能力が今どのレベルなのかを毎回の授業で常に把握できるような英語能力カルテを作成し、理解していないところは、その学年まで遡り指導をしていくことなどの取り組みを始めています。今後は、より効率良く生徒の英語能力を向上させる方法を確立するためにも様々な手法を考え研究し英語学習能力向上を創出していきます。

????????????????????

★理数館 講師募集★ 20代~30代の若い方歓迎!

私たちの新しい仲間になりませんか?

国内・海外を問わず古代遺跡、歴史的な建造物などに興味のある方を大募集しています。

理数館で英語・社会・国語・数学・理科の講師をしながら古代のロマンを探りませんか?

時代は、まさに「讃岐うどん」から古代の浪漫(ロマン)・古(いにしえ)の「讃岐国府」へ!

☆ロビンさん(文科系)・ナミさん(理科系)のような素敵な方もOK!

理数館 教務課まで:詳細はずっと下のカテゴリーから当塾採用情報!をご覧ください。カテゴリーから削除するまで募集継続中です!!

????????????????????



今までの閲覧者数


現在の閲覧者数:


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

丸亀市の巨大前方後円墳の快天山古墳とは

丸亀市の巨大前方後円墳の快天山古墳とは

通訳案内士奮闘記

検索すると回転山?思わず回転寿司を思い出しました。

この古墳は100メートル級の巨大なを前方後円墳です。近くまで行くと道路からそれらしきシルエットの山が見えてきます。

これ、人工の山なんですね?一部山も削っているようですが。富田茶臼山古墳のように完全に木々を伐採して、全貌を明らかにするような整備には至っていません。

毎年のように簡単な説明会があったり現地で説明会が開かれたりしています。一番最初は、昭和25年に遡るようです。当時の新聞によると大騒ぎで一日に700人ぐらいの人が集まったと言います。祭りの出店のようなものまで出店してたいそう賑わったようです。

そんな発掘の歴史をたどったわけだから詳しいことが分かっているのでしょうか?

ところが、誰の墓で何をしていた人の墓なのかはっきりとはわかっていません。分かっている事は、当時の支配者階級が葬られたであろうと言うことです。

発掘調査では、立派な石枕付きの石棺を含めて3つ出来ていますね。石棺は、立派なもので、何かカプセルのようなものを思わせます。

さらに、想像力を高めるととうもろこしの芯のようなものがロケットのエンジンのようにも見えます。ただ、讃岐が昔から今まで石材の産地ではありましたが、伝統的な石材の加工技術を持たないことからどこからその集団が来たのかは謎です。

中国、朝鮮半島には前方後円墳はありません。やはり、南の海の方から来たのでしょうか?

古墳から出てきたものは、玉をはじめとする副葬品の数々。円筒形埴輪と壺形埴輪。ずいぶん前に、宇多津中の生徒が拾った鳥の土器の飾りなど。

面白いのは、香川で、従来の壺型埴輪に加えて円筒形埴輪が始めて採用されたのがここだという事です。

皆さんが社会の資料集で、円形の埴輪、家や船の形をした埴輪を見たことがあると思いますが、時代としては、この古墳の後から出てきます。

そして、数多くの県内の小型の前方後円墳が作られなくなり大型の前方後円墳が作られ始めます。

最終的には、それさえも作られなくなってしまいます。これは、とても大きな政治の力が誕生したのではないかと考えられています。

ユニーク教務主任 英語担当

更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト



坂出市に水中遺跡出現!鴻ノ池古墳群はロマンか?

通訳案内士奮闘記

坂出市に水中遺跡出現!鴻ノ池古墳群はロマンか?

ロマンかどうかと言われると、鴻池の水位が下がった時に、かつて古墳の一部だった巨石が顔を出すという点では、素敵ですね。

一号墳は、石の組み方が何かイギリスのストーンヘンジを思わせるような組み方です。ストーンヘンジも諸説ありますが意外と古墳だったのではないかと思わず考えました。

ここを、子供の頃に友人と訪れました。実は池の中に古墳があるという話を聞きましたが信じられなかったからついて行ったのです。案の上、見学すると池には水がたくさんありそのようなものは見えませんでした。

水面下からわずか石が見えていると言われましたが、なんの石かわからないし、しかも、周囲には『サギのクチ』古墳群という名称の古墳群もあり、ウソくさい、うさんくさい想いは一層強くなりました。名前の段階でアウトでした。

それよりは、4号墳の横穴式石室、5号墳に興味を持って見学していました。また、すぐ裏側にある木の葉塚古墳。壁面に木の葉の線刻画など特徴がある古墳ですが、そちらの方が興味深いものでした。

そんな遺跡でしたが、水中に本当にあるという事が最近分かりました。私にはミステリーでした。水没した遺跡とは、丸亀市にもあります。それは、普通は古代寺院の礎石などで神聖なものを水中に沈めるということです。そこに謎やミステリーは感じます。

ただ、今回は水没した原因が農業用水確保のために後の時代に作られただろうと言うことが、ほぼ明らかなために歴史のミステリーとは言えないかもしれません。

ここは、周辺に15ある古墳の中で、鴻池古墳群という名称で5つあります。そのうち3つが池の中に水没しています。ため池の中に古墳群が水没しているというのは、香川らしいですね。

ため池というのが香川の名物とは、香川の人は気がつかないと思いますが、学生時代には、本当にそんなにたくさんため池があるのかとうどん以上によく県外の友人から聞かれました。当時は、うどん屋の数ぐらいはあると適当に答えておきました。

水没のコンセプトはさておいて、ロマンを感じてもらうために、観光客向けに、ほとんど残っていない2号墳、3号墳を多少修復してみてはどうでしょうか。また、本来の農業用水としてのため池の機能をさせておいた上で、池の中の古墳周辺をピンポイントで囲んで水位を調整できるような装置があれば、ロマンテイックではないでしょうか?

夜はライトアップ。それと、これらの古墳群なのですが、実際はあまり看板が出ておらずほとんどどういっていいのか分からない状況です。他の古墳へも行けるような道しるべのような看板があればいいですね。

池の修復をしただけで、周囲は、何十年も変わっていません。観光スポットにするためには、周辺の整備がさらに必要ですね。ただ、水位がさがった時を狙ってこのあたりを案内してみたいですね。整備を期待します。

通訳案内士 英語担当 ユニーク教務主任


更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

理数館ホームページもご覧いただけたら幸いです


高松市香南歴史民俗郷土館は面白いか?

通訳案内士奮闘記

高松市香南歴史民俗郷土館は面白いか?

ここのコンセプトはなかなか面白いです。旧の由佐城の跡地に福井県の丸岡城の天守閣を模した城を復元して歴史民俗郷土館にしています。資料館は一階と2階部分にあります。

天守閣は、ゴールデンウイークには、特別企画として開放するようです。そして、一階奥には、まあまあのスペースの図書館があります。

庭園部分は風情があるなあと関心していると、庭園部分の奥には、由佐城の土塁跡約20メートルほど残っているのは驚きです。また、香川の郷土史全讃史を書いた儒学者の中山城山の出身地であり、城山まつりを毎年のように行っているようです。

全讃史は当家にもありますが、これが素晴らしい書物だと言うことをアピールして欲しいです。確か由佐城の記述もあったと思います。

ここは、一つだけ欲を言うと展示物が非常に少ない事です。スタッフはそれなりにいるんだから、もう少し真剣に資料集めや資料製作をすべきです。

資料集めに関しては、展示にもあるように生駒氏のような武士に仕えて、その後、農民になったような農家の方もおります。例えば、私の知っている農家は、ここから、車で10分ほどですが、火縄銃2挺になぎなたがありました。

火縄銃は、時代劇や丸亀城の鉄砲隊で使用しているような上品なワインレッドの木製ではなく、明らかに農民兵が実戦に使用したであろうと思われる貴重な火縄銃です。

私が行くと子供が怖い顔をして、錆び付いた火縄銃を私に向けて遊んでいたのを覚えています。(高校生にもなって。あほらしくて無視しましたが。)そのような末裔の方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方からお借りするのも一つですし、展示物をぜひ考えてもらいたいです。第9回わが家のお宝展だけでは不十分です。

なぜならば、由佐城は、長曽我部の讃岐攻めで、十河城に匹敵するほどの難攻不落の城だったからです。残存するのは、わずかな土塁ですが、しっかりとした頑丈なもので堅牢な城を思わせます。

資料製作としては、当時を偲ぶ立体模型があるといいですし、現存する土塁がどの部分に相当するのかもわかるようにしてもらいたいです。

現存する地名から場所を割り出すなどの作業も進めるべきです。由佐城の立地が立地なだけに道路の整備などで、戦前から戦後にかけてかなり破壊されたのではないかと想像しています。つまり、つい最近まで、もっと遺物が残っていたと思っています。

最後に、展示にある電気でパネルが映し出される電光の周辺歴史地域の掲示板ですが、電球がきれているのか不具合なのかが目立ちます。

外国人向けに資料館に英語表記の解説までは、お願いしませんから、電球の問題ならば、早急に電球だけでも交換してください。

通訳案内士 英語 ユニーク教務主任


更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

理数館ホームページもご覧いただけたら幸いです



高松巨石古墳群は観光資源になるか?

通訳案内士奮闘記(0)

高松巨石古墳群は観光になるのか?ここは古墳のショーウインドか?峰山公園!

ここは、古墳群だけでなく、家族で休日に遊べるように公園が整備されています。管理事務所もあり、トイレも至る所にあります。広大な敷地なので、古墳関係の資料館などが建設されるともっといいですね。

後は、道路の整備をすべきです。住んでいる人もたくさんいるので、道幅を広げたりすべきだと思います。2台すれ違うのがやっとと言う所がたくさんあります。

古墳群や公園周辺は木を切ったりしてキチンとメンテナンスも行われています。桜がきれいで春の時期には、お花見をしたりできます。小学生や中学生はキャンプもするのでしょうか。

キャンプ場なども整備されています。利用の仕方は高松市に確認してみますが、バイキング兼ねた歩くコースを作ってみようと思います。

さて、ここの古墳の特徴は数と形です。数量的には、古墳が100以上あるそうです。看板が出ていない山の奥深い所へいけば、もっとあるのでしょうか。

私もそれらしいのを見つけました。道路サイドにポッカリと石室が見えている古墳。石を積んで古墳をつくりあげた積み石塚などすぐにわかります。一部、看板が出ていない所もありますが、なんとなく方向がわかります。

次に形です。古墳といえば、せいぜい、円墳、方墳、前方後円墳ですが、その他ここには、珍しい形をした古墳もあります。かなり崩れていてよくわからない所もありましたが、香川県にこんな所があったんだなと言うのにはかなり驚きです。テーマパークのように一日では周り切れません。

ただ、古墳が近畿にあるような巨大なものではなくてかわいらしいミニ古墳たちです。出土したものは、石枕のある石棺が出て来たりしているようですが、これは、全国的にもあまりないと言う事を学生時代に関東の知人から言われました。そのようです。

県内で比較するとすれば、津田の積石塚です。当時の権力の覇権が移っていたのでしょうか?津田の古墳でも積石塚をみましたが高松の峰山は半端ではないほど、積み石塚ばかりです。山の上だったので残ったのでしょうね。メキシコのマヤの小さい神殿ぐらいの大きさのものはたくさんあります。

原型を復元すると今の高さより高くなると思うのでミニとはいえ、やはり、偉大な古墳ですね。一見の価値があります。

まあ、何かの機会に外国人を案内してみます。



通訳案内士 英語担当 ユニーク教務主任


更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】


名城引田城は、東洋のクスコ(インカ文明)のようでした!!

通訳案内士奮闘記(1)

過去のユニーク教務主任の引田城の記事を載せます。

引田城はご存知でしょうか?この城に興味をもっています。なぜなら、高松城を築いた生駒正親がいち早くこの引田に石垣作りの立派な城を築いていたからです。

地元では知られていたようですが、やがて高松藩の直轄地となり,常時、人が待機していました。全国的に百姓一揆がおこっています。島原の乱や明治時代のええじゃないか騒動(香川)など時の政府に都合の悪いことを危惧していたのかもしれません。なにせ、ここに入れないからあまり広く知られなかったのかなどと考えています。

その城ですが、現在、香川の城であれだけ立派な石垣が残っているのは、高松、丸亀、引田だと思います。しかも、引田の石垣はオリジナルの可能性が極めて強いそうです。しかし、現地を見ましたがかなり崩れています。大正時代のでたらめな整備やこの石垣を何かに転用するために持ち出したのでしょうか?

城の中味は、本丸、東の丸、北の丸、天守台、その他櫓などがそびえたつそれは立派な城だった事が江戸時代に書かれた絵図からもはっきりと分かります。

この絵図は諸説あったのですが、まんざらでもないようです。

ではどうして、引田にそのような城が築かれたのでしょうか?当時の人口や生産力を考えても大きすぎると思われます。それは、畿内から非常に近く港が発達していたと言う事です。

また、江戸時代の一国一城令が出た後も、松平の殿様が鹿狩りという名目で宿泊してまでこの城を何度も訪れています。それだけ重要な意味が合ったに違いありません。

本来破城にしないといけないこの城を隠し持っていた高松藩は何をかんがえていたのでしょうか?歴史のミステリーは面白いものです。さまざまな謎は今後の発掘を待つばかりですが、相当広範囲にわたって引田城の遺構は残っているようです。

城下では、武家屋敷跡があったり、引田城の石垣跡が寺院の土塀の基礎に使われていたりします。これを見たとき私は、ペルーのクスコ・メキシコの遺跡を思い出しました。教会の基礎にインカ時代の石垣を利用しているのです。

別子銅山が東洋のマチュピチュなら引田は、ミニの東洋のクスコでどうでしょうか?修復も期待しています。


通訳案内士 英語 ユニーク教務主任


ポチッと一押しお願いします。
更新の励みになります。
      ↓


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| ホーム |


 BLOG TOP